TOPPAGE > ブログ
同志社大学硬式野球部ブログ

2018年4月 9日

関大から4年越し悲願の勝ち点を挙げる!

4月7日(土)、2018年度春季リーグ戦が開幕しました。

わかさスタジアム京都で開会式が行われ、開幕戦を控えたメンバーが行進をしました。

002CC51F-EC4C-4DE1-844B-BDD83167776F.jpeg


82068FBD-6CA4-46F6-B012-253D7739B84F.jpeg

【写真:開会式の様子】


第一節、関西大学戦、激闘の3連戦を振り返りたいと思います。


<4月7日(土) 第一節 対関西大学戦 1回戦>

開幕投手は、エースで一番を背負う福島(4・大阪桐蔭)

二回裏、この回先頭打者の福原(4・今治西)が敵失により出塁すると、続く松本(3・敦賀気比)の犠打と越智(4・今治西)の内野ゴロで二死3塁とします。すると先発の福島が適時左安2塁打を放ち、先制をします。

8AD30435-1E79-4B60-BC80-FF3CD6F14452.jpeg

【写真:4年目の先発マウンドとなる福島】


6E639F26-2CE1-4857-A8EA-51B3F4BA3BDA.jpeg

【写真:リーグ戦初出場でスタメンマスクを被る越智】


更に三回裏、先頭打者の辻(4・履正社)が右中間を突き破る2塁打を放つと、続く杉内(3・今治西)の内野ゴロで一死3塁とすると四川(2・履正社)の適時左安打で一点を追加します。

A87D688D-8155-44F6-8826-8796D985D819.jpeg

【写真:リードオフマンの辻】

しかし、五回表、福島が関大打線に捕まり、3塁打を含む計四本の安打により一挙五点を返され、三点差のリードを許してしまいます。

しかし、今年の同チームはここで終わりませんでした。

八回表、一死1・2塁の場面で二番手の村居(3・県岐阜商)の後を継いだ栗田(1・済美)は相手強打者を中飛に抑え、リーグ戦デビューを飾ります。

042523A9-8BA3-458A-9FFB-D9270A88B626.jpeg

【写真:リーグ戦デビューを果たした一回生の栗田】


八回裏、二死から福原が左前安打を放つと、前の回から守備につくリーグ戦初出場の工藤(3・同志社国際)が右中間越えの適時3塁打を放ち、一点を返します。そして続く代打の添田(4・桐光学園)が適時中安打を放ち、さらに一点を追加し、一点差とします。

CA60D645-269E-4AD5-A8BF-930194A1C100.jpeg

【写真:リーグ戦初出場で適時打を打つ工藤】

7325A3D1-0ADD-4E87-8A34-4DCDFD8E222E.jpeg


【写真:八回裏に帰塁した宮﨑を迎えるベンチ】


そして迎えた九回裏、代打の宮﨑(4・福知山成美)が四球で出塁し、辻が犠打で進めチャンスを広げると、杉内が内野安打で繋ぎます。するとこの日絶好調の四川が適時左線2塁打を放ち、ついに同点とします。

70A757CE-B4B3-46D6-AFB4-F4370BD78E6F.jpeg

【写真:この日絶好調の四川】

そして一死満塁から頼れる五番・福原が、サヨナラを決める犠打を放ち、見事逆転勝利を収めました。

DE51B6B5-1031-4D76-BD56-BDB13AD8858B.jpeg

【写真:頼れる五番福原】

最終回、投げては仲野(2・天理)三人で抑え、勝ち投手となりリーグ戦二勝目を挙げました。

6120ABBD-7135-425C-A8E9-7C8DD5C92B65.jpeg

【写真:二勝目を挙げた仲野】

67C28E7F-6665-423B-99E1-8AFA7C00E33A.jpeg

【写真:サヨナラ勝利で歓喜に沸くメンバー】


<4月8日(日) 第一節 対関西大学戦 2回戦>

昨日の激戦から一夜明け、この日先発のマウンドに上がったのは溝田(3・履正社)。

06E5F9C5-7E97-4DCC-82AB-0C3E60A205C9.jpeg

【写真:故障から復帰した溝田】

初回いきなり先頭打者に安打を浴びると、続く二番打者に適時右線2塁打を許し、二者で先制をされてしまいます。ここでリズムが狂い、思うように制球が定まらず味方の失策も絡み、無念のマウンド降板を告げられます。さらに続いてマウンドに上がった難波(3・PL学園)も連続被安打で失点を許し、この回一挙五失点を喫します。

6F7684AC-EE9F-48DB-94D8-6A0FD13D5664.jpeg

【写真:二番手の難波】

しかし二回表、先頭の福原が左前安打で出塁すると、相手の連続敵失により一死満塁とすると辻の内野安打で一点を返します。その後も相手の守備の乱れに付け込み、杉内の左中間への適時2塁打などにより四点を追加し、すぐに逆転をします。

しかし、四回裏、継投した村居が一死23塁から六番打者に適時中安打を許し、二点を返されます。さらに六回裏、一死12塁から八番打者に適時中越2塁打を浴び、一点を追加され突き放されます。一方の打線は、二番手の新人投手を攻略する事が出来ず、幾度か逆転のチャンスはあったものの、二回以降追加点を挙げることが出来ず、そのまま試合終了。両者に失策が頻発したシーソーゲームを制することは出来ませんでした。



<4月9日(月) 第一節 対関西大学戦 3回戦>

昨季王者の関大から悲願の勝ち点を挙げるべく、挑んだこの試合。二回生の仲野が先発の重役を任されました

一回表に先頭打者に安打を許すと、二死3塁から四番打者の適時内野安打により先制されてしまいます。しかし、その後は安打を許すものの、守備にも助けられ、点を与えず、粘り強い投球で試合を作ります。

B685EEBD-0FA1-4507-832E-3A1B188633EB.jpeg

【写真:好守で投手を助ける杉内】

七回表、一死3塁のピンチに登板した二番手の村居は、安定したピッチングで相手の上位打線を抑え、ピンチを免れます。

52F120F3-C8A3-40B9-8A8C-8AA532819613.jpeg

【写真:三日連続の登板となった村居】

一方、奮闘する投手陣を助けたい打線ですが、思うように奮わず一点ビハインドのまま最終回を迎えます。

しかし九回裏にドラマが待っていました。不調であった四番・前田(4・福知山成美)、福原が連続安打で出塁しチャンスメイクをしますが続く打者が二者連続三振に倒れ、絶体絶命のピンチに直面します。

ここで打席に立ったのは前の回に代打で出場し三番手にマウンドに上がった福島。球場全体の注目を集める中、初球を振り抜いた打球は左中間を突き破る痛烈な2塁打となり、福原が帰還しまたもや劇的な逆転サヨナラ勝利となりました。

452240FF-3B5F-4FDC-856C-B9D7AD8DC92B.jpeg



【写真:最終回に二死1・2塁の場面で打席に立つ福島】

エースで主将の福島が自らのバットで試合を決め、13年秋以来、4年以上ぶりに関大から勝ち点を挙げることが出来ました。

主将がスローガンである「維新~俺がやる~」を体現させました。


3連戦を通して、下回生の頃からリーグ戦に出場し、経験を積んだ上回生とリーグ戦初出場の下回生が監督の起用に応え、勝ちを掴んだのはチーム全体にとって大きな成果となりました。


今年のチームは、ベンチもスタンドも向上心と勝ちへの執念を持った熱いチームです。試合では、気持ちを同じくして一人一人が主体となって戦いに挑んでいます。

CA0EA433-83E7-4BEC-8BE2-6024E488C9D1.jpeg

【写真:白熱したベンチ】


5464DCCE-B41E-41D8-84D4-6D5AC30B5AC8.jpeg

【写真:全力で応援をするスタンド】


第一節、昨季王者から勝ち点を挙げあくまでもまだ頂点への一歩目を踏み出したばかりです。来週の京都大学戦に向けてもう一度全員で気持ちを引き締め、万全の状態で勝負に挑めるように練習に励んでいきたいと思います。


次戦は、

第三節 

4月21日(土)1回戦 対京都大学@皇子山球場 13時試合開始予定

4月22日(日)2回戦 対京都大学@皇子山球場 10時半試合開始予定

となっております。

あくまでも目指すところは「日本一」。必ず二連勝し、目標に結び付けたいと思います。どうか皆様お誘いあわせの上、是非球場へお越しいただき、温かいご声援の程、よろしくお願いいたします。


マネージャー 川岸さくら

2018年3月20日

同早定期野球戦復活第5戦

こんばんは。

3月も中旬を過ぎ、卒業式シーズンでお世話になった先輩方が卒業され、寂しさが募っています。

さて、3月18日(日)に東京都西東京市東伏見にある安部球場にて、同早定期野球戦復活第5戦が行われました。

安部球場とは、同志社大学出身で早稲田大学野球部創設者である安部磯雄氏が築いた由緒ある野球場で、早稲田大学硬式野球部の本拠地です。

試合の前日にはレセプションが開催され、両校の現役チーム・OB会・校友会が参加をし、世代を越えて交流を深めることができました。

数か月に渡り、準備をしてくださったOB会並びに校友会の皆様、本当に有難うございました。

F2E3FD7B-2FA4-40F6-8838-F3D48AA20FC5.jpeg

9CD39790-C6C7-461E-9012-519B372B8C15.jpeg

【写真:レセプションの様子】


試合は、両チームともエースが背番号1番を背負い、魂のぶつかり合った白熱した戦いになりました。

結果は、3-1で同志社が二年連続白星を飾り、優勝杯を手にする事が出来ました。

5DB38AF7-AD9C-4633-9557-0C8ABA767A12.jpeg

【写真:この日先発の主将福島(4・大阪桐蔭)】

67BC8B75-B3C3-4F68-8B68-5BAAAE99C019.jpeg

【写真:集合の様子】


6B04381E-95F0-489B-A7B9-5F0501EFC539.jpeg

3D3ED73F-C63A-4D79-8701-89841EC5077A.jpeg

【写真:整列の様子】


160B0B71-393F-4402-ADF6-E0CA22FD555C.jpeg

【写真:優勝杯を受け取る福島】


41C366DA-7490-42CE-9174-BED8BF7556A2.jpeg

【写真:右から福島、村居(3・県岐阜商)、南武(4・土佐)、辻(4・履正社)、西林(4・清教学園)、前田(4・福知山成美)】


3FE5ED19-2B04-42CC-87AC-67D90923C45E.jpeg

【写真:安部磯雄記念碑の前で記念撮影】


早稲田大学硬式野球部の皆様、本当にありがとうございました。神宮球場で再会できるよう、練習に励んで参ります。

今後も早稲田と同志社が切磋琢磨しながら共に新たな歴史と伝統を築いていってほしいと願っています。

最後にはなりましたが、毎年この様に定期戦を行うことが出来ておりますのは、両大学関係者の皆様の御支援があってこそだと身に染みて実感している次第でございます。又、日頃から応援してくださるファンの方々の御声援が選手の励みになっております。心より御礼申し上げます。

春季リーグ戦開幕までいよいよ約2週間となりました。悔いなく試合に挑めるよう、一日一日を大切に全力で取り組んで参ります。

今後とも御声援の程、宜しくお願い申し上げます。



マネージャー 川岸さくら



2018年2月26日

キャンプ9日目

こんばんは。

愛媛を離れ、新たに香川の地でのキャンプが始まりました。本日は、Aチームが志度球場にてアークバリアとオープン戦を行い、Bチームは丸亀市民球場にて紅白戦を二試合行いました。

Aチームは新チームになってから戦う初の試合で、アークバリアに5-1で勝利し、来たる春季リーグ戦に向けて、選手達の日本一達成への自信に繋がる一戦となりました。攻守ともに日々の練習の結果を残すことができ、昨夜ミーティングで主将の福島(4・大阪桐蔭)の話していた勝ちにこだわる試合運びができていたのではないでしょうか。


Bチームは、丸亀市民球場という大きな球場で紅白戦ができるとあって、いつも以上に気合が入っていた気がします。大きな球場でダイヤモンドを全力で駆け抜けて、声をかけあって、全力野球をする。Bチームのキャンプ最終日にふさわしい一日となりました。17日に京都を出発し、愛媛、香川での約10日間の野球漬けの生活で得たものは個々それぞれ違うかと思いますが、お世話になった方々に感謝の気持ちを忘れずに、試行錯誤しながら築き上げてきた良いチームの雰囲気をこの後も継続できるよう、お互いが切磋琢磨し合って、練習に励んでもらいたいと思います。

E8C630E8-B585-4298-863D-F9F32F73D525.jpeg

37DDA2A0-688A-4395-AF14-3959C5456E47.jpeg


【写真:紅白戦の様子】



マネージャ― 辻弥侑

2018年2月25日

キャンプ8日目

こんばんは。

本日でキャンプ8日目を迎え、愛媛キャンプ最終日となりました。午前中にA・Bで時間を分けて練習をした後、全員でバスに乗って丸亀へ出発しました。練習の疲れが溜まってきている選手も多く、約3時間半の道中は、睡眠をとっている姿が見受けられました。

ブログ用 大田さん.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

【写真:ノックを受ける大田(4・大分舞鶴)】

ブログ用 集合写真.JPGのサムネイル画像

【写真:集合写真】

ブログ用 夕食.JPGのサムネイル画像

【写真:夕食の様子】

明日から、Aチームはオープン戦が始まります。ここから連戦ですが、一つ一つの試合を意味のある試合にしてほしいと思います。

また、Bチームはキャンプ最終日を迎えます。17日に出発をしてから1週間以上が経ちます。最後の力を振り絞り、予定している紅白戦を全力で戦ってほしいと思います。キャンプ中ここまで4試合行ってきましたが、そこで出た課題を少しでも克服し、それぞれが悔いの残らない試合にしてほしいと思います。

最後になりますが、愛媛キャンプを行うにあたり、ご協力賜りました全ての皆様に心より御礼申し上げます。日本一という目標を達成し、良いご報告ができます様、これからも頑張ります。本当にありがとうございました。


マネージャ― 松川桃子





2018年2月24日

キャンプ7日目

 こんばんは。今朝は車の窓ガラスが凍るほど寒く、厳しい寒さの冬の京都を思い出しておりました。早起きは三文の徳といわれている様に、ホテルの方が作ってくださる美味しい朝食を食べ、全員で朝早くから練習をすることでチーム全体の士気が高まるのではないでしょうか。

IMG_7803.JPGのサムネイル画像

【写真:Bチームのノックの様子】


Bチームは愛媛に来て早くも7日目に、Aチームも4日目に突入しました。午前中、Bチームのノックは、1日目にここに来た時より遥かに大きな声がでており、球場にこだましていました。とても良い雰囲気で野球と向きあえている証拠となるのではないでしょうか。午後は、キャンプ前に発表されたAメンバーで初となる紅白戦が行われました。結果を残せた人も、残せなかった人も今日見つかった自分の課題を直すだけでなく、自分の良かった点も見つめ直し、実戦に活かせるよう、チーム一丸となって練習に励んでほしいと思います。

IMG_7804.JPG

【写真:紅白戦の様子】


明日の午後からは、8日間お世話になった愛媛県を離れ、一つ隣の香川県でのキャンプが始まります。愛媛県でお世話になった多くの方々からのご声援に応えられる様、精進して参ります。


マネージャ― 辻弥侑

2018年2月23日

キャンプ6日目

こんばんは。

本日も晴天に恵まれましたが、風が強い一日となりました。キャンプ6日目を終え、Bチームは残すところあと3日となりました。キャンプ前半に比べて、より一層気合いの増した雰囲気で練習が行われています。徐々にチーム全体がレベルアップし、個人の意識も高まってきているように感じられます。


朝バッティングの様子.JPGのサムネイル画像

【写真:朝練でのバッティングの様子】


ブログ高島.JPGのサムネイル画像

【写真:バント練習をする髙島(3・滝川)】


キャンプでは朝昼晩の食事を一斉に行うため、食事の管理が充実しており、アスリートとしての食事を心掛けています。朝食と夕食はホテルで頂きますが、昼食はホテルの方が球場まで配膳してくださっています。練習後すぐに温かいご飯を食べられる環境を作ってくださるホテルの方に皆感謝しています。

夕食.JPGのサムネイル画像

【写真:夕食の様子】


夕食後は全員でミーティングを行います。今日の練習を踏まえて、反省点や改善点などを話し合います。ミーティング終わりには、「Doshisha College Song」を全員で歌います。

49AA7B8C-EA07-4C23-8C5C-655F24A5FC5B.jpeg

【写真:夜のミーティングで校歌を歌う様子】


朝早くから夜遅くまでの集団生活において、身体の疲れが溜まってくる頃かと思いますが、怪我や体調を崩さないように、残りのキャンプを有意義に過ごしてほしいです。


マネージャー 松川桃子


2018年2月22日

キャンプ5日目

こんばんは。

本日、愛南町は一日中天気に恵まれ、A・Bチームに分かれて目一杯練習をしました。

EC608A24-063C-42B3-A6B7-0F97418A5EAF.jpeg

【写真:ティーバッティングをする片岡(2・國學院久我山)】

074453EB-2F15-4EF3-9F7F-D609E1D804DE.jpeg

【写真:バント練習をする相部(2・橿原)】

EAD8A7CA-952F-4C2B-9ACB-1A7A04C2A013.jpeg

【写真:シートノックで投げる溝田(3・履正社)】

84A00534-68D0-416F-B196-58A557F84C9F.jpeg

【写真:集合で話す福島(4・大阪桐蔭)】


そして、今年も愛南町の婦人会の皆様に心と身体が温まるぜんざいとじゃこめし・バラ寿司のおにぎりを振る舞っていただきました。球場にて練習の合間に美味しい炊き出しをしていただき、選手たちは一層エネルギーを蓄えて練習に励むことができました。

毎年このように私たちの為におもてなしをしてくださる婦人会の皆様、その他愛南町役場の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

C27D8F47-C9E6-4AE7-89A3-98320C5230BE.jpeg

C5C2C90B-37D7-4651-AE29-C497FC17EC50.jpeg

【写真:炊き出しの様子】

630E1360-F0C6-4B40-8CDC-36438B030004.jpeg

【写真:婦人会の皆様】


毎年、海の幸山の幸に恵まれた愛南町でのキャンプを終えるとほとんどの部員が体重が大幅に増加して京都に帰ります。栄養バランスの摂れた食事を3食をきちんと食べられることもキャンプの大きなメリットです。又、練習の合間に補食としておにぎり・バナナ・ゆでたまごも喫食しているので、食事の面でもとても恵まれた環境でキャンプを行うことが出来ています。

57EE1D89-2677-4A1F-8104-0D5C63A6014C.jpeg

【写真:体重を測る様子】

この様に朝・晩ご飯時にトレーナーが管理をして体重を測っています。

6F5497E8-2CD9-4C80-8752-E65B8E9F3A76.jpeg

【写真:補食のおにぎり・バナナ・ゆでたまご】

アスリートの基本である身体作りの面でも一回り成長してこのキャンプを終えたいと思います。


マネージャー 川岸さくら


2018年2月21日

キャンプ4日目


こんばんは。今朝は少し雨が降っておりましたが、すぐに上がり、太陽がしっかりと顔を出す、穏やかな気候となりました。Bチームの愛媛キャンプは、はやいもので、4日目にさしかかり、今日からはAチームも合流しました。同志社大学硬式野球部の部員全員が愛媛の地に揃い、久しぶりに会う仲間の姿を見て、少し離れていただけですが、お互いの再会を喜び合う姿も見受けられました。

Bチームは、球場と室内の二つにわけての練習となり、室内の練習では、バッティングの練習一つをとっても、パターンを想定しての練習や、より実践的な質のある練習になってきていました。

ブログ用1.JPGのサムネイル画像

【写真:室内でバッティングをする様子】

昨日に引き続き、紅白戦も行われ、練習でやったことをそのまま試合に活かせていた人、試合では活かせなかった人、いずれにしても、この紅白戦が選手達本人にとって意義のあるものになったことには違いがないと思います。紅白戦後は、Bチーム全員でランをして、最後まで自分を追い込むことのできた1日になったのではないでしょうか。

burp.JPGのサムネイル画像

【写真:紅白戦後のランの様子】


夕食時には、ありがたいことに7年間お世話になっております、愛南町の方々の歓迎レセプションがホテルサンパールのレストランで開かれ、お米とボールを贈呈していただきました。愛南町の方々のお心遣いに心より感謝を申し上げるとともに、より一層皆様の期待に応えられるよう、日本一に向けて挑戦していこうという気持ちが高まりました。

33.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

【写真:愛南町役場の方にお米をもらう主将福島(4・大阪桐蔭)】

44.JPGのサムネイル画像

【写真:サンパールの社長にボールをもらう副主将西林(4・清教学園)】


明日からのキャンプも、野球に集中できる環境に感謝して、日本一に繋がる着実なステップにしていくために、精進して参ります。



マネージャ― 辻弥侑





2018年2月20日

キャンプ3日目

こんばんは。

本日は、昨日の天候とは、うって変わり、青空の広がる温かい一日となりました。

朝練組が7時過ぎから球場に集まり、その後残りの選手も合流し、本日は紅白戦を二試合行いました。

集合試合前.JPGのサムネイル画像

集合試合前2.JPGのサムネイル画像
【写真:紅白戦前のミーティングの様子】

かとだいノック.JPGのサムネイル画像
【写真:ノックを打つ学生コーチ加藤(3・向陽)】

竹内さんノック.JPGのサムネイル画像
【写真:ノックを受ける竹内(4・栃木)】

それぞれが本日の紅白戦を振り返り、良かった点は継続し、悪かった点は反省し、同じミスを繰り返さないようにしてほしいと思います。明日からは、Aチームもキャンプに合流します。AチームもBチームも目指すところは同じです。日本一を掴み取るために、自分はチームに何ができるかというのを常に考え、日々の練習に励みたいと思います。


マネージャー松川桃子

2018年2月19日

キャンプ2日目

こんばんは。
冬の寒さが和らぎ始め、少しずつ春の陽気が感じられる季節となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
Bチームの愛媛キャンプは、2日目を迎えました。
地元の方の温かさを肌に触れながら、充実した日々を送ることができています。今日は、グラウンドと室内の2班に分かれての練習となりました。紅白戦を2試合行う予定でしたが、あいにくの天候により、明日以降に延期となりました。

ブログ用.JPGのサムネイル画像

ブログ用2.JPGのサムネイル画像
【写真:室内でのトレーニングの様子】

ブログ用5.JPGのサムネイル画像
【写真:ブルペンで投げる石山(2・同志社)、久保田(3・近江兄弟社)、小澤(3・静岡市立)】


今日のミーティングでは、監督から、社会との関わり方でチームがあるというお話をしていただきました。まだまだキャンプは続いていきますが、単純に練習をこなしていくだけではなく、野球の技術向上はもちろんのこと、野球以外の面でも、あいさつ一つにしても心を込めてするなど、1日1日を意義のあるキャンプにしていくことが、より日本一の道に近づくのではないでしょうか。



マネージャー 辻弥侑

Archives