TOPPAGE > ブログ
2020年10月アーカイブ: 同志社大学硬式野球部ブログ

2020年10月13日

'20秋季リーグ戦(京都大学戦)

こんにちは。
昼夜の寒暖差が激しくなって参りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

台風の影響により悪天候予想のため、日程を変更して行われた対京都大学戦。二連勝で勢いづけるべく、一丸となって臨んだ一戦を振り返ります。


〈10月11日(日)第5節 京都大学 1回戦〉

「ロースコアのゲームになるから味方が点を取るまで我慢。」と打線の追随を信じて、9回11奪三振無失点の完投勝利を挙げたエース髙橋(恭)(3・高田)の圧巻のピッチングと、「打ってすぐは、ホームランと実感がわかなかったが、率直に嬉しかった」と語る、リーグ戦初スタメンで初本塁打をかちこんだ小西(幸)(2・天理)を中心に、今季二度目となった2桁安打で投打が噛み合い、白星を掴みました!!

「初回から飛ばしていった」と語った髙橋(恭)の立ち上がりは先頭打者に四球で出塁を許したものの、まさに完璧。いつもに増して調子のよかった直球で押し込み、この日は怖いものなし。四回まで得点圏にさえランナーを進めない好投が続きます。

2B27E2B4-9B01-49C5-9E79-0BE2C7528EC5.jpeg
【写真:9回11奪三振被安打5で学生野球2度目となる完封勝利を飾った髙橋(恭)】

エースを援護したい打線に動きがあったのは、四回表。一死ランナー無しの場面で、リーグ戦初スタメンとなった小西(幸)の打席。「長打を狙っていたわけではなく、ストライクゾーンに来たボールをしっかりと初球からスイングしようと思い切って振った」と、大きな身体を使ってフルスイングした打球は左中間へと抜ける本塁打となり、先制打となりました!!

EB92CAA0-4EA0-4351-A047-D2F37B687283.jpeg
【写真:リーグ戦初スタメンで初本塁打を放った小西(幸)】

五回表、一死からこの日4打数2安打と打撃面でも活躍を魅せた髙橋(恭)が、左安打を放ち出塁、追加点への足掛かりを作ります。さらにバッテリー間が乱れる間に、1塁走者の髙橋(恭)が進み、二死2塁。チャンスの場面で、小川(晃)(4・龍谷大平安)の持ち前の俊足を活かした内野安打が適時打となり、追加点を得ます。

A5C2E1E0-B48C-4887-97C7-02D6DE7FAE75.jpeg
【写真:持ち前の俊足が光り、この日2つの盗塁を決めた小川(晃)】

六回裏、ここまで好投を続けていた髙橋(恭)が初めてピンチを背負います。一死ランナー無しの場面から九番打者に右線二塁打を放たれ、出塁を許すと、続く打者に四球を与え、一死1・2塁とされます。続く打者に送りバントを決められ、二死2・3塁。得点へのチャンスを与えてしまいます。しかし、ここで動じないのが鉄腕エース髙橋(恭)。ワンボールツーストライクと追い込み、仕留めたのは内野ゴロ。ピンチを凌ぎます。

同志社2点リードで迎えた最終回。一死2塁から塚本(1・智辯学園)が、左線適時二塁打を放ち、追加点!とことん相手に隙をみせない積極的な攻撃を魅せます。

9852F7D7-9750-43FC-BCE3-34BCAFF623EC.jpeg
【写真:追加点を放った塚本】

九回裏、マウンドには、すでに100球を超えていたエース髙橋(恭)。期待通りに三者凡退に抑え、試合終了。相手に一度もリードを譲ることなく、3対0と快勝し、白星を掴みました!!


〈10月12日(月)第5節 京都大学 2回戦〉

前日の勢いをそのままに二連勝を飾りたいところでしたが、チャンスでの一本が出ず。悔しい敗戦を喫しました。

先発マウンドを任された東山(2・丸亀)は、一・二回を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せます。

一方の同志社打線は二回裏、一死から五番打者の小西(幸)がライト前への二塁打を放つと、続く鎌倉(4・聖光学院)が左中間を破る適時二塁打を放ち、先制に成功します!

ブログ用 小西(幸).JPG
【写真:前日の本塁打に続き、先制のチャンスを作った小西(幸)】


ブログ用 鎌倉3.JPG
【写真:先制を決めた鎌倉】

しかし三回表、この回先頭打者に左前安打を許すと、続く打者に送りバント、四球を許し、一死1・2塁のピンチを迎えます。続く打者を空振り三振に仕留めますが、二番打者に左越適時二塁打を放たれ、二失点。逆転を許してしまいます。

さらに四回表には、三番打者に左前安打を許し、盗塁を決められ、無死2塁とされると、続く打者の中前適時打により、一点を追加されます。さらにパスボールの間に一塁ランナーが二塁まで進塁し、六番打者の左前適時打によりホームへ帰還。この回二点を失います。

4対1とリードを広げられたまま、前半戦が終了。
二連勝の望みは後半戦へと託されます。

五回表からは、髙橋(佑)(2・豊田西)が登板し、安定感のあるピッチングで、この回を6球で終わらせます。

しかし六回表、この回先頭打者に右中間への三塁打を放たれ、五番打者の犠牲フライにより、一失点を喫します。

5対1と4点を追いかける同志社はその裏、七番打者の塚本が相手のエラーにより出塁、一死2塁のチャンスを迎えます。このチャンスで代打出場の相部(4・橿原)が内野安打で出塁、二死1・3塁とし、チャンスを広げます。さらに、内野安打の打球の処理に相手がもたつく間に、3塁ランナーの塚本がホームへ帰還し、一点を返します!

ブログ用 相部.JPG
【写真:代打出場でチャンスを広げる内野安打を決めた相部】

しかし、七・八・九回となかなか反撃の兆しが見えず、5対2のまま試合終了となりました。


二連勝を飾り、勢いづけたかった今節。一戦目は、快勝したものの、二戦目は相手打線に苦しめられ、悔しい1勝1敗となりました。
次戦は、伝統の同立戦。泣いても笑っても、秋季リーグ戦、最後の一節です。立命館大学の放送局(RBC)の方が、ニコニコ動画でのライブ配信を行ってくださる予定です。ご視聴方法につきましては、追ってSNS等でご連絡させていただきます。画面越しにはなりますが、みなさま是非ご視聴ください!!

ABBE2C52-C291-410C-BCC6-F3C38A5A6D1E.jpeg
6E128EEF-DEA1-48D3-B409-5E561A195907.jpeg
【写真:今年度同立戦ポスター】

秋季リーグ戦、最終戦は、第7節

10月25日(土)
1回戦 対立命館大学戦 於:阪神甲子園球場
10時00分試合開始予定

10月26日(日) 
2回戦 対立命館大学戦 於:阪神甲子園球場
10時00分試合開始予定

となっております。

なお、今季のリーグ戦は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、部員、部員の保護者(二親等まで)、4回生の応援団のみ入場可能の無観客試合での開催となっております。
日ごろから多大なる応援をしてくださっている皆様には、申し訳ありませんが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

様々な方々の尽力により、開催することができた秋季リーグ戦も、残すところ同立戦のみとなりました。四回生にとっては、学生野球最後となる一戦です。これから同志社大学硬式野球部を担っていく後輩たちに四川組の「名」を残せるよう、「悔い」が残らないよう、全力で戦い抜いてほしいと思います。

どうかみなさま、温かいご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

マネージャー 辻 弥侑
      冨田 真結

2020年10月 4日

'20秋季リーグ戦(関西学院大学戦)

こんにちは。

夜空に中秋の名月が浮かぶなど、秋らしさを感じる季節となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
神宮出場への切符を掴むべく、一戦必勝で臨み、接戦を繰り広げた関西学院大学戦を振り返ります。

〈9月26日(土)第4節 関西学院大学 1回戦〉

最終回まで両者譲らぬ試合展開となった一戦目。9回に塚本のタイムリーで、一点を先制するも、直後に同点に追いつかれ、勝負の行方は、タイブレークにもつれこみました。
先発マウンドを任されたエース髙橋(恭)が8回無失点、息をのむような力投を続けるも、接戦を制せず。無念の延長サヨナラ負けを喫しました。

今季ここまで全ての試合で先発マウンドを任されている鉄腕エース髙橋(恭)(3・高田)。
武器であるぐんと伸びるストレートに変化球をうまく織り交ぜながら、八回まで無失点に抑える力投を魅せます。

好投を続ける髙橋(恭)を援護したい同志社打線。
五回表と七回表にそれぞれ得点圏にランナーを進めるも、相手投手の好投に阻まれ、なかなか得点へと繋げるあと一本が出ません。

両者譲らぬ緊迫した展開で迎えた9回表。
一死から所村(3・星稜)が死球で出塁。盗塁を決め、積極的な攻撃を仕掛けると、続くルーキーの塚本(1・智辯学園)が、左線適時二塁打を放ち、二塁ランナーの所村が生還!長かった均衡を破り、先制点を得ます!

CC4BF789-4C02-4B9E-BE74-5C6033E0B3EA.jpeg
【写真:勝負強さを魅せたルーキー塚本】

このまま同志社が軍配を上げたいところでしたが、関学打線も黙ってはいません。
この回先頭の打者に中安打を放たれ、出塁を許すと、続く打者に送りバントを決められ、一死2塁。気迫の投球で、続く打者を空振り三振に仕留め、残るアウトは一つ。緊張感漂う中、初球を振り抜かれたのは、ファースト方向。プレッシャーからか、冷静に処理をしきれず、失策の間に、二塁走者が還り、同点のホームを許してしまいます。
試合は振り出しに戻ります。

勝負の行方は、連盟規定により、今季初となるタイブレークへと持ち越されます。
延長10回表。二死2・3塁から、代打で登場した、鎌倉(4・聖光学院)の犠牲フライにより、一点を追加します!

E3B9D0A0-F7FC-4C63-9A7C-20ADF36DF67A.jpeg
【写真:ベンチでも盛り上げ、犠牲フライで追加点も挙げた鎌倉】

62B3EC56-7EF3-4FC5-AE02-22821916B7D3.jpeg
【写真:8回無失点、129球を投げぬいた髙橋(恭)】

逃げ切りたい同志社でしたが、10回裏。一死2・3塁から代打の八番打者に右中適時二塁打を浴び、2、3塁走者が帰還。悔しい延長サヨナラ負けとなり、2対3で幕切れとなりました。

75D3373F-91CA-4DC2-AA74-57EA9B9AFC1C.jpeg
【写真:試合終了時の様子】


〈9月27日(日)第4節 関西学院大学 2回戦〉

シーソーゲームを制し、白星を挙げた!

前日に悔しい敗戦を喫した同志社。どうにか勝利を挙げようと強い気持ちで試合に望みます。

そんな同志社の先発投手は東山(2・丸亀)。先頭打者を空振り三振に仕留めますが、続く打者に中安打を許し、二死1・2塁から五番打者に中前適時打を放たれ、先制点を失います。
三回表には、二死2・3塁から自らの暴投の間に、追加点を許してしまいます。

このまま流れを渡したくない同志社は、三回裏。先頭打者の塚本にレフト方向への本塁打が飛び出し、一点を返します!

ブログ用 塚本HR.JPG
【写真:リーグ戦初本塁打を放った塚本】

さらに五回裏、五番打者の所村が内野安打で出塁すると、続く鎌倉が左中間への二塁打を放ち、一死2・3塁のチャンスを作ります。
そして本間の犠牲フライにより、一点を追加します。

ブログ用 鎌倉.JPG
【写真:同点のチャンスを作った鎌倉】

2対2の同点で迎えた六回裏。髙橋(佑)(2・豊田西)が内野安打で出塁すると、続く塚本が送りバントを決め、一死2塁とします。この逆転のチャンスで主将の四川(4・履正社)が左前適時打を放ち、勝越しに成功!

ブログ用 四川.JPG
【写真:主将の意地を見せた四川】

しかし、八回表、五回から登板し、落ち着いたピッチングで関学打線を無失点に抑えてきた髙橋(佑)が先頭打者にレフト線への三塁打を許してしまいます。さらに四番打者に四球を与え、一死1・3塁。ここで、道端(2・大阪桐蔭)にマウンドを託します。しかし、五番打者に右前適時打を許してしまい、1失点。その後も二死1・3塁とピンチは続きますが、ここで都築(4・志学館)に継投し、七番打者をレフトフライに打ち取り、最少失点で切り抜けます。

ブログ用 都築.JPG
【写真:見事ピンチを切り抜けた都築】

またしても同点に追いつかれた同志社。前日の悔しさを晴らそうと、一死から代打起用された山下(樹)(4・高松商)がライト線への三塁打を放ちます。さらに、六回裏に逆転の一打を放った四川が、このチャンスでも右前適時打を放ち逆転!!

ブログ用 山下ガッツポーズ.JPG
【写真:ガッツポーズする山下(樹)】

九回表は西村(3・今治西)が登板し、安定感のあるピッチングで無失点に抑え、4対3で白星を挙げました。

神宮出場の夢を掴むためには、負けられない戦いとなり、2試合とも、接戦となった今節は、1勝1敗となりました。
2試合目は、初の試みとなるYouTubeライブ配信が行われました。
この場を借りてではございますが、YouTubeライブ配信にあたり、尽力してくださった関西学生野球連盟の皆さま、関係者各位、視聴をして下さった皆様に心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルスの影響で、会場に足をお運びいただけなかった皆様も、画面越しではありますが、久しぶりに関西学生野球連盟の試合を観ていただけたのではないでしょうか。
今後の配信等は、未定ですが、引き続き、選手たちに熱いご声援の程、よろしくお願いいたします。

次戦は、第5節
10月10日(土)
1回戦 対京都大学戦 於:ほっともっとフィールド神戸
13時00分試合開始予定

10月11日(日) 
2回戦 対京都大学戦 於:ほっともっとフィールド神戸
10時30分試合開始予定
となっております。

なお、今季のリーグ戦は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、部員、部員の保護者(二親等まで)、4回生の応援団のみ入場可能の無観客試合での開催となっております。
日ごろから多大なる応援をしてくださっている皆様には、申し訳ありませんが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

早くも、残り2節となりましたが、残る試合は全勝するべく、チーム一丸となって、戦いぬいて行く所存にございますので、みなさまどうか温かいご声援の程、よろしくお願いいたします。


マネージャー 辻 弥侑
      冨田 真結