TOPPAGE > ブログ
2022年9月アーカイブ: 同志社大学硬式野球部ブログ

2022年9月24日

'22秋季リーグ戦(関西大学戦)

こんにちは。9月24日(土)・9月25日(日)・9月26日(月)に行われました、秋季リーグ戦対関西大学戦を振り返ります。


〈 9月24日(土) 第4節 関西大学 1回戦 〉


相手投手の好投を前にチャンスを活かせず、完封負けを喫する。

A90787ED-B5A0-4BFF-B953-6E3CAA86B148.jpeg
【写真:試合前スタンドに挨拶をする主将青地】

先攻の同志社は初回、先頭の川久保(2・桐蔭学園)が左安打で出塁、さらに送りバントで投ゴロでニ死3塁のチャンスを迎えます。しかし主将青地(4・大阪桐蔭)が三振に倒れ先制点とはなりません。

先発髙橋(4・豊田西)は初回を三者凡退に抑えますが、二回、一死から五番打者に左線二塁打を放たれ、申告敬遠や四球によりニ死満塁のピンチを招きます。すると投手相手に押し出しの四球を与え、先制を許してしまいます。

04F40F35-B02C-4DC8-9824-DC9B21BDDDC8.jpeg
【写真:先発の髙橋】

追いつきたい同志社は四回、無死から杉浦(4・大谷)が右安打で出塁しますが走塁死。後続も打ち取られ得点とはなりません。

五回は両投手三者凡退に抑えるなど、テンポの良いピッチングで前半戦を0-1で折り返します。

六回、先発高橋に代わり代打橋本(3・倉敷商)が無死から中安打で出塁します!杉浦も四球を選びニ死1・2塁、一打逆転のチャンスを迎えますが青地が投ゴロに打ち取られ、この回も無得点に終わります。

E3DFC76B-62D2-428B-AF63-E2C071B13B9D.jpeg
【写真:代打起用に応えた橋本】

一方、六回からマウンドに上がった東山(4・丸亀)はニ死から左安打を許しますが、後続を抑え無失点に抑えます。
しかし七回裏、点差を広げたくない同志社ですが、一死から一番打者に中越三塁打を浴びます。ここで真野(3・天理)に継投しますが、続く打者に右適時打を許し、痛恨の追加点を与えてしまいます。


なんとか反撃に出たい同志社は八回、無死から星加(4・今治西)が右安打で出塁すると、代打塚本(3・智辯学園)も死球で出塁、無死1・2塁のチャンスを作ります。続く川久保が送りバントを決め一死2・3塁としますが、代打松井(3・東邦)がスクイズ失敗、後続も打ち取られ二者残塁に終わってしまいます。

B83A9521-0D1D-4635-BCD0-66F17DD31D82.jpeg
【写真:先頭で出塁した星加】

最終回も三者凡退に倒れ0-2で試合終了。
好投する相手投手を前にチャンスを活かせず、悔しい完封負けを喫しました。

9月25日(日) 第4節  関西大学 2回戦

白熱した投手戦を制し延長十回サヨナラ勝ち!

一回裏、先頭の川久保(2・桐蔭学園)が中安打で出塁し、犠打やゴロで二死3塁のチャンスを作りますが、四番の青地(4・大阪桐蔭)が二ゴロに倒れ、先制することはできません。

三回裏、二死から死球や杉浦(4・大谷)の右安打、申告故意四球で満塁のチャンスを作りますが、ここも五番松井(3・東邦)が三振に倒れます。

七回裏、知念の代打に、リーグ戦初出場となる内海(1・佐久長聖)が送られますが、初打席は空振り三振。この回も三者凡退となります。

52CFDB84-D860-446E-83AB-DE29FEDDCE38.jpeg

【写真:リーグ戦初出場となる内海】

一方で、先発の小倉(4・同志社国際)は、八回3安打8奪三振無失点と、テンポの良い投球で試合を作ります。

5A1167BC-E99E-4AA6-AA82-F84DF6907A7F.jpeg

【写真:好投を魅せる小倉】

相手投手が交代し迎える八回裏、二つの四球で二死1・3塁のチャンスを作り、打席には青地。しかしここも左飛に倒れ、得点圏まで進んだランナーをなかなか返すことが出来ません。

93559320-4A09-4062-A4D0-EB23BE37D7B0.jpeg

【写真:悔しさをみせる青地】

九回、小倉に代わって東山(4・丸亀)がマウンドに上がります。ランナーを1人出すも、相手主将を三振に打ち取り、裏の攻撃へ。しかし九回裏、先頭の松井が中安打で出塁するも後続が倒れ、両チーム無得点のまま延長戦へ突入します。

タイブレーク方式が採用され、無死1・2塁で始まる十回。先頭打者がサードへ打った打球を塚本(3・智辯学園)が三塁封殺、そしてショートの川久保、ファーストの福岡(3・京都国際)へとボールが渡りトリプルプレーが成立!わずか4球で守備を終えます!!!

75B11691-6C60-443E-B683-09B0BB3707DA.jpeg

【写真:好守備を魅せた塚本】

好プレーで盛り上がり、勢いそのままに何としてでも1点を取りたい十回裏。先頭の代打山元(2・天理)が一球で犠打を決め、川久保が申告敬遠で出塁し一死満塁とチャンスを作ると、この試合初打席となる釜萢(3・札幌大谷)が一球でスクイズを決め、三塁ランナーが生還!!!待望の1点を獲得し、サヨナラ勝利で勝ち点の行方を3回戦へと持ち込みました!!!

9A87A3BA-5948-4A3E-9A98-E7ADB30F42FE.jpeg

【写真:サヨナラ勝利で喜ぶ選手】

9月26日(月) 第4節  関西大学 3回戦

接戦をモノにできず、逆転負けで勝ち点を落とす

初回、いきなり川久保(2・桐蔭学園)、杉浦(4・大谷)が安打、青地(4・大阪桐蔭)が相手失策により出塁し、一死満塁のチャンスを迎えます。しかし、後続が倒れ得点には至りません。

勝ち点獲得のために落とせない一戦の先発を任されたのは、1回戦に続き髙橋(4・豊田西)。初回、テンポよくアウトを2つ取りますが、その後二塁打や2つの四球で満塁のピンチを迎えます。しかし続く打者を三振に打ち取り無失点に切り抜けます。

試合が動いたのは三回表。先頭の川久保がソロホームランを放ち、1点を先制します!

737C4926-6552-4007-8467-855B441701D4.jpeg

【写真:ホームランを放ち笑顔を魅せる川久保】

しかし直後の裏、適時打を浴び同点に追いつかれてしまいます。

五回裏からは東山(4・丸亀)がマウンドに立ち、この回三者三振を奪います。

8EF82848-E5E6-4882-A15D-E8D89EC68F3F.jpeg

【写真:マウンドに立つ東山】

六回表、二死から松井(3・東邦)が二塁打を放ち出塁するも、得点には至りません。

均衡が破れたのは七回裏。一死2塁から東山に代わって昨日先発で好投を魅せた小倉(4・同志社国際)にマウンドに託します。しかし、二死3塁で暴投。三塁ランナーが生還し、2-1とリードを許します。

八回表、二死1・2塁のチャンスを招くも松井が三ゴロに倒れ攻撃終了。なかなかチャンスを活かすことができません。

1点ビハインドのまま迎えた九回表。今季初スタメンに抜擢された先頭の中森(1・大阪桐蔭)が先頭で安打を放ち出塁!!

F5737F0B-A05B-419E-AE97-6651B0C37116.jpeg

【写真:今季初スタメンでヒットを放った中森】

その後塚本(3・智辯学園)の犠打や星加(4・今治西)のファーストゴロでランナーが進み二死3塁、一打同点のチャンスを迎えます。ここで田村(4・桐光学園)が代打に送られますが、遊ゴロに倒れ試合終了。

関西大学から4季振りに勝ち点を落とす痛恨の敗北となりました。

DB19111B-E0A0-42FD-B1F5-8646BABB4F8B.jpeg

【写真:悔しさをみせる主将青地】

次戦は、

9月29日(木)

対近畿大学戦 3回戦  於:南港中央野球場

12時00分試合開始予定

となっております。

今節は3戦ともロースコアの戦いとなり、投手陣の踏ん張りが見えましたが、バントミスやチャンスを活かし切れない場面が多く、沢山の課題が見つかりました。

次戦は、1勝1敗で決着がついていない近畿大学との勝ち点をかけた試合となります。優勝するためには、絶対に落とすことはできません。中2日となりますが、気持ちを切り替え戦って参ります。

今後とも変わらぬご声援の程、よろしくお願い致します。

マネージャー   西村さくら

                        吉田百花

2022年9月13日

令和四年度後期チャレンジリーグ(立命館大学戦)

こんにちは。

夏の暑さから、少しずつ秋の肌寒さを感じる季節の変わり目となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月10日(土)に令和四年度後期チャレンジリーグが開幕いたしました。幣部にとって初戦の立命館大学戦を振り返りたいと思います。

〈9月10日(土)令和四年度後期チャレンジリーグ(立命館大学戦)〉

投打が噛み合わず、初戦黒星発進。

今季初戦のチャレンジリーグ、マウンドを任されたのは長田(2・桐生第一)。初回相手打線を三者凡退に抑えますが、二回表、先頭打者に本塁打を打たれ先制を許します。その後四回表にも連打を浴び、さらに2点追加されます。ここでマウンドを山田(2・同志社)に託し、継投でピンチを切り抜けます。

D623FDF0-26F2-4273-B7ED-71AB226FA135.jpeg

【写真:今試合先発の長田】

五回表、山田に代わってマウンドを任された阪上(陸)(2・鳥取城北)が無失点で切り抜けると、その裏、先頭打者の前野(2・川越東)が右二塁打で出塁し、二死から代打の藤尾(1・東筑)が右適時打を放ち、1点を返します!

A7F776C3-6861-4149-9879-0276526F498E.jpeg

【写真:右二塁打で出塁し、生還した前野】

これ以上の失点を許したくない同志社でしたが、六回表に阪上(陸)が連続四死球を与え、無死1・2塁とされます。ここで土岐(2・米子東)に託し、継投でピンチを切り抜けたいところですが、中適時打や暴投により一挙3点を失います。七回表からは土岐に代わり髙木(2・福井工大福井)が継投し、無失点に抑えこれ以上のリードは許しません。

何とか反撃したい同志社は七回裏、今試合キャプテンを任された武田(2・遊学館)が代打起用に応え、一死から四球で出塁。続く前野、代打の神野(2・修猷館)の連続安打で追加点のチャンスを作るも、続く打者の併殺打により無得点に終わってしまいます。

00F80498-02AE-4B5E-92DD-7959B6ACC360.jpeg

【写真:今試合キャプテンを任された武田】

5点ビハインドで迎えた最終回も相手投手に三者凡退に抑えられ、チャレンジリーグ初戦は黒星発進となりました。

1B6C120B-C9B5-4550-9C7C-FA4D120ACD50.jpeg

【写真:試合後の整列】

次戦は、

10月15日(土)

対関西学院大学 於:関西学院大学グラウンド

10時30分試合開始予定

となっております。

※今季は感染対策を講じ、有観客での開催となっております。皆様、応援のほどよろしくお願い致します。

マネージャー 佐藤 絢子

2022年9月 2日

'22秋季リーグ戦(京都大学戦)

こんにちは。

夏の暑さから、少しずつ秋の肌寒さを感じる季節の変わり目となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

令和4年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦が、9月3(土)に開幕致しました!
4回生にとっては最後のリーグ戦。無事に有観客で開催できること、尽力してくださった関西学生野球連盟をはじめとする各関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
それでは同志社の初陣となる第1節、京都大学戦を振り返ります。
〈 9月3日(土) 第1節  京都大学 1回戦 〉
秋季リーグ初戦、降雨中断するも流れを渡さず今季初勝利!

先攻の同志社はいきなり初回、二死2塁から主将青地(4・大阪桐蔭)の中適時二塁打により先制に成功します!

一方の先発を任されたのは、昨季最優秀投手に輝いた髙橋(4・豊田西)。二死から三番打者の右安打で出塁を許しますが、牽制によりタッチアウト。堅い守備で得点を許しません。

63B4A22B-B43E-4B54-9DD7-FF500D1C211A.jpeg

【写真:貴重な先制打を放ち、チームに勢いをつけた主将青地】

F447A7BB-2B9F-4BC9-83CB-8ACC87522794.jpeg

【写真:先発マウンドを託されたエース髙橋】

続く二回表の攻撃、一死からリーグ戦初スタメン初打席の知念(1・沖縄商学)が豪快な中本塁打を放ち、追加点!

FAB5C6A3-B996-4378-A4B1-70CA9C211722.jpeg

【写真:初打席で中本塁打を放ちガッツポーズをみせる知念】

味方の援護に応えたい髙橋は、ランナーは出すもののテンポのよい落ち着いた投球で後続をしっかりと抑え二塁を踏ませません。

しかし四回裏途中、降雨のため一時中断。

約2時間の中断を挟み一死から試合が再開すると、髙橋は三番打者に四球を許しますが後続を連続三振に仕留め、流れを渡しません。

その後七回裏、二死1塁から七番打者に右安打を許し二死1・2塁。一打逆転のピンチを招きますが、後続を右飛に打ち取り無失点に切り抜けます!

2ー0のまま迎えた最終回。八回無失点の好投を魅せた髙橋に代わり真野(3・天理)がマウンドに上がります。真野は一死から四番打者に中安打を放たれますが、後続を併殺打に打ち取り試合終了。

7BEEF5DB-895D-4614-B6D3-95F3C986339C.jpeg

【写真:最終回、リードを守り切った真野】

大事な初戦を完封勝利で収めました!

9月4日(日) 第1節  京都大学 2回戦

2戦連続完封勝利で勝ち点を獲得!!

回戦の先発を任されたのは小倉(4・同志社国際)。初回、ランナーを1人背負うも、無失点で切り抜けます。その裏、先頭の川久保が内野安打で出塁しますが、得点には至りません。

9E668D97-6F9C-459B-97CB-2C34D0A69CF7.jpeg

【写真:先発の小倉】

試合が動いたのは二回裏。小西(4・天理)が四球、知念(1・沖縄尚学)が内野安打で出塁し一死1・3塁とすると、星加(4・今治西)が犠飛を放ち、1点を先制します!

233B8559-9EF0-4638-9BA6-E6D573249409.jpeg

【写真:先制の犠飛を放った星加】

続くバッターは先発の小倉。初球を力強く振り抜くと、打球はスタンドの右中間最深部へ!これまでのリーグ戦を通して2本目となる安打が2ランホームランとなり、自らのバットでリードを3点に広げます!

D3A71966-EE72-45ED-B493-F062BD59C0D2.jpeg

【写真:本塁打を放ち笑顔をみせる小倉】

六回表、ここまで好投をみせてきた小倉の制球が乱れ、二死満塁のピンチを招きます。ここで小倉から東山(4・丸亀)に継投。変わった東山がこの局面を三球三振で切り抜けます!

38515829-7E5A-424B-8E5C-5D6A4904D32C.jpeg

【写真:三振を奪い吼える東山】

回裏、東山も左安打を放ちますが得点には至りません。

回裏、昨季首位打者を獲得した杉浦(4・大谷)の今季初安打、青地(4・大阪桐蔭)の内野安打で一死1・3塁のチャンスを作ると、リーグ戦初打席となる佐藤(1・水城)が代打に送られます。その初球、相手捕手が後逸し杉浦がホームに生還!終盤にさらに1点を追加します。

C1BB71E4-6482-4AC8-A7D4-11DB7FDF1678.jpeg

【写真:リーグ戦初打席となる佐藤に声をかける花野監督】

4ー0で迎える最終回もマウンドに立つのは東山。先頭打者に安打を許し一死1塁としますが、続く打者を併殺に打ち取り試合を締めくくりました!

初節は2戦連続完封勝利で、見事勝ち点を獲得しました!

京都大学を相手には2021年秋から5試合連続の完封勝利となり、57イニング連続無失点に抑えています!

次戦は、

9月17日(土)

対近畿大学戦 1回戦  於:南港中央野球場

10時30分試合開始予定

9月18日(日) 

対近畿大学戦 2回戦  於:南港中央野球場

13時00分試合開始予定

となっております。

今季は感染対策を講じ、有観客での開催となっております。皆様、応援のほどよろしくお願いいたします。

2連勝で勝ち点を獲得した初節。次節は、同じく開幕2連勝を挙げた近畿大学との首位をかけた直接対決となります。春季リーグ戦で勝ち点が並び、勝率の関係で優勝を奪われた因縁の相手。優勝するためには、一戦たりとも落とせません。連勝の勢いに乗りつつ、気を緩めることなく戦って参ります。

今後とも変わらぬご声援の程、よろしくお願いいたします。

マネージャー   西村さくら

                       吉田百花