TOPPAGE > ブログ
同志社大学硬式野球部ブログ

2018年2月23日

キャンプ6日目

こんばんは。

本日も晴天に恵まれましたが、風が強い一日となりました。キャンプ6日目を終え、Bチームは残すところあと3日となりました。キャンプ前半に比べて、より一層気合いの増した雰囲気で練習が行われています。徐々にチーム全体がレベルアップし、個人の意識も高まってきているように感じられます。


朝バッティングの様子.JPGのサムネイル画像

【写真:朝練でのバッティングの様子】


ブログ高島.JPGのサムネイル画像

【写真:バント練習をする髙島(3・滝川)】


キャンプでは朝昼晩の食事を一斉に行うため、食事の管理が充実しており、アスリートとしての食事を心掛けています。朝食と夕食はホテルで頂きますが、昼食はホテルの方が球場まで配膳してくださっています。練習後すぐに温かいご飯を食べられる環境を作ってくださるホテルの方に皆感謝しています。

夕食.JPGのサムネイル画像

【写真:夕食の様子】


夕食後は全員でミーティングを行います。今日の練習を踏まえて、反省点や改善点などを話し合います。ミーティング終わりには、「Doshisha College Song」を全員で歌います。

49AA7B8C-EA07-4C23-8C5C-655F24A5FC5B.jpeg

【写真:夜のミーティングで校歌を歌う様子】


朝早くから夜遅くまでの集団生活において、身体の疲れが溜まってくる頃かと思いますが、怪我や体調を崩さないように、残りのキャンプを有意義に過ごしてほしいです。


マネージャー 松川桃子


2018年2月22日

キャンプ5日目

こんばんは。

本日、愛南町は一日中天気に恵まれ、A・Bチームに分かれて目一杯練習をしました。

EC608A24-063C-42B3-A6B7-0F97418A5EAF.jpeg

【写真:ティーバッティングをする片岡(2・國學院久我山)】

074453EB-2F15-4EF3-9F7F-D609E1D804DE.jpeg

【写真:バント練習をする相部(2・橿原)】

EAD8A7CA-952F-4C2B-9ACB-1A7A04C2A013.jpeg

【写真:シートノックで投げる溝田(3・履正社)】

84A00534-68D0-416F-B196-58A557F84C9F.jpeg

【写真:集合で話す福島(4・大阪桐蔭)】


そして、今年も愛南町の婦人会の皆様に心と身体が温まるぜんざいとじゃこめし・バラ寿司のおにぎりを振る舞っていただきました。球場にて練習の合間に美味しい炊き出しをしていただき、選手たちは一層エネルギーを蓄えて練習に励むことができました。

毎年このように私たちの為におもてなしをしてくださる婦人会の皆様、その他愛南町役場の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

C27D8F47-C9E6-4AE7-89A3-98320C5230BE.jpeg

C5C2C90B-37D7-4651-AE29-C497FC17EC50.jpeg

【写真:炊き出しの様子】

630E1360-F0C6-4B40-8CDC-36438B030004.jpeg

【写真:婦人会の皆様】


毎年、海の幸山の幸に恵まれた愛南町でのキャンプを終えるとほとんどの部員が体重が大幅に増加して京都に帰ります。栄養バランスの摂れた食事を3食をきちんと食べられることもキャンプの大きなメリットです。又、練習の合間に補食としておにぎり・バナナ・ゆでたまごも喫食しているので、食事の面でもとても恵まれた環境でキャンプを行うことが出来ています。

57EE1D89-2677-4A1F-8104-0D5C63A6014C.jpeg

【写真:体重を測る様子】

この様に朝・晩ご飯時にトレーナーが管理をして体重を測っています。

6F5497E8-2CD9-4C80-8752-E65B8E9F3A76.jpeg

【写真:補食のおにぎり・バナナ・ゆでたまご】

アスリートの基本である身体作りの面でも一回り成長してこのキャンプを終えたいと思います。


マネージャー 川岸さくら


2018年2月21日

キャンプ4日目


こんばんは。今朝は少し雨が降っておりましたが、すぐに上がり、太陽がしっかりと顔を出す、穏やかな気候となりました。Bチームの愛媛キャンプは、はやいもので、4日目にさしかかり、今日からはAチームも合流しました。同志社大学硬式野球部の部員全員が愛媛の地に揃い、久しぶりに会う仲間の姿を見て、少し離れていただけですが、お互いの再会を喜び合う姿も見受けられました。

Bチームは、球場と室内の二つにわけての練習となり、室内の練習では、バッティングの練習一つをとっても、パターンを想定しての練習や、より実践的な質のある練習になってきていました。

ブログ用1.JPGのサムネイル画像

【写真:室内でバッティングをする様子】

昨日に引き続き、紅白戦も行われ、練習でやったことをそのまま試合に活かせていた人、試合では活かせなかった人、いずれにしても、この紅白戦が選手達本人にとって意義のあるものになったことには違いがないと思います。紅白戦後は、Bチーム全員でランをして、最後まで自分を追い込むことのできた1日になったのではないでしょうか。

burp.JPGのサムネイル画像

【写真:紅白戦後のランの様子】


夕食時には、ありがたいことに7年間お世話になっております、愛南町の方々の歓迎レセプションがホテルサンパールのレストランで開かれ、お米とボールを贈呈していただきました。愛南町の方々のお心遣いに心より感謝を申し上げるとともに、より一層皆様の期待に応えられるよう、日本一に向けて挑戦していこうという気持ちが高まりました。

33.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

【写真:愛南町役場の方にお米をもらう主将福島(4・大阪桐蔭)】

44.JPGのサムネイル画像

【写真:サンパールの社長にボールをもらう副主将西林(4・清教学園)】


明日からのキャンプも、野球に集中できる環境に感謝して、日本一に繋がる着実なステップにしていくために、精進して参ります。



マネージャ― 辻弥侑





2018年2月20日

キャンプ3日目

こんばんは。

本日は、昨日の天候とは、うって変わり、青空の広がる温かい一日となりました。

朝練組が7時過ぎから球場に集まり、その後残りの選手も合流し、本日は紅白戦を二試合行いました。

集合試合前.JPGのサムネイル画像

集合試合前2.JPGのサムネイル画像
【写真:紅白戦前のミーティングの様子】

かとだいノック.JPGのサムネイル画像
【写真:ノックを打つ学生コーチ加藤(3・向陽)】

竹内さんノック.JPGのサムネイル画像
【写真:ノックを受ける竹内(4・栃木)】

それぞれが本日の紅白戦を振り返り、良かった点は継続し、悪かった点は反省し、同じミスを繰り返さないようにしてほしいと思います。明日からは、Aチームもキャンプに合流します。AチームもBチームも目指すところは同じです。日本一を掴み取るために、自分はチームに何ができるかというのを常に考え、日々の練習に励みたいと思います。


マネージャー松川桃子

2018年2月19日

キャンプ2日目

こんばんは。
冬の寒さが和らぎ始め、少しずつ春の陽気が感じられる季節となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
Bチームの愛媛キャンプは、2日目を迎えました。
地元の方の温かさを肌に触れながら、充実した日々を送ることができています。今日は、グラウンドと室内の2班に分かれての練習となりました。紅白戦を2試合行う予定でしたが、あいにくの天候により、明日以降に延期となりました。

ブログ用.JPGのサムネイル画像

ブログ用2.JPGのサムネイル画像
【写真:室内でのトレーニングの様子】

ブログ用5.JPGのサムネイル画像
【写真:ブルペンで投げる石山(2・同志社)、久保田(3・近江兄弟社)、小澤(3・静岡市立)】


今日のミーティングでは、監督から、社会との関わり方でチームがあるというお話をしていただきました。まだまだキャンプは続いていきますが、単純に練習をこなしていくだけではなく、野球の技術向上はもちろんのこと、野球以外の面でも、あいさつ一つにしても心を込めてするなど、1日1日を意義のあるキャンプにしていくことが、より日本一の道に近づくのではないでしょうか。



マネージャー 辻弥侑

2018年2月18日

キャンプ1日目

こんばんは。

今年は、先にBチームが愛南町へ出発し、21日からAチームが参加する日程となっています。Bチームは、昨日の22時頃フェリーに乗って大阪の南港を出発し、本日の朝6時頃、愛媛の東予港に到着しました。

62029E4F-AA86-458B-A2FF-676B4DB20FFB.jpeg

【写真:ホテルの方に挨拶をする様子】

毎年お世話になっているホテルサンパールで今年も宿泊します。本日から8日間お世話になるホテルの方に挨拶をし、城辺公園球場で練習を行いました。

ブログ3.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
【写真:体幹トレーニングの様子】

ブログブログ用.JPGのサムネイル画像
【写真:ノックを打つ主務安井(4・今治西)】

この春季キャンプは、日本一という目標に向けて重要な期間です。いつも以上に周りの方への感謝の気持ちを忘れず、気を引き締めて練習に取り組んで参ります。
トピックスにも掲載しておりますが、キャンプ期間中(2月21日~2月26日)の連絡先は、部携帯(090-6983-6045)のみとなっております。2月27日以降は合宿所(0774-65-7977)でも対応致します。よろしくお願い申し上げます。


マネージャー松川桃子






2018年1月28日

ルール勉強会

こんにちは。今朝、京田辺ではマイナス2度が計測され、ところどころ雪が積もっていました。

今年度の練習が始まってから二週間が経過しました。この時期はテストが重なり、野球だけにフォーカスを当てることが厳しい期間ではありますが、春に向けて文武両道に励んで取り組んでいます。

本日は、高校野球連盟及び関西学生野球連盟の審判員をされている倉谷幸志OBから、ルールについてのお話がありました。

昨年の春にMLBでルール変更が正式に発表されましたが、それに関連して、二段モーションと投げる必要がなくなった敬遠についての詳しい説明やまた、一アスリートとしての試合中のマナーについて審判目線から気をつけるべきポイントなどについて話してくださりました。

2BDCAE3C-1187-4443-88C4-134F8C45AF32.jpeg

【写真:倉谷OBによるルール勉強会】

この様に改めてルールを学ぶ機会は少なく、また全てを把握している人は少ないのではないでしょうか。その中で、相手よりも一つでも多くルールを理解しているのは試合において戦略的にも有利になります。

お忙しい中、時間を割いて来てくださりありがとうございました。


マネージャー 川岸さくら

2018年1月14日

2018年練習初め

こんばんは。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。旧年中は、厚いご支援をいただき、心より御礼申し上げます。本年度はチームの目標である日本一を達成できるよう精進して参りますので、変わらぬご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

今朝、京田辺では雪がかすかに積もっており、凍えるような寒さの中、新年初部活を開始しました。

午前中はミーティング、午後から全体練習を行いました。

ミーティングには沢山のOBの方々が来てくださり、その中で清水哲OBが現役部員の為にお話をしてくださいました。PL学園出身で甲子園春夏準優勝を経験されている清水さんは、一回生の頃から主力選手として同志社野球部で活躍されていました。昭和60年9月、リーグ戦の試合中に相手選手と二塁ベースで交錯し、頚椎骨折の大怪我を負われ、一命は取り留めましたが手足が動かなくなり、二度と野球ができなくなりました。そのような方からお話を伺える機会は私たちにとって大変貴重な時間となりました。

まず、野球選手として以前に、一人の人間としての野球に対する姿勢を改善しなければならない。礼儀や挨拶など人間として当たり前の事、グローブなどの道具を大切に扱う事。野球をなめるなと叱咤激励をいただき、全員の背筋がピンと伸びました。

そして、息を飲みながら、自分が自慢できることは野球で死にかけたことだ、とおっしゃられていました。

それほど野球を真剣にやっていたのだ、と。

世の中には野球をやりたくてもできない人がいる。野球が当たり前に出来ることに感謝し、もっと真剣に野球に取り組んでほしいというお言葉をいただきました。


A7060A51-47C2-43DD-A2DF-9DAD374694DB.jpeg

【写真:清水哲OB】


澁谷監督からはこのチームで日本一になるという夢を叶えたい、その為に1人1人が自ら考えながら野球をしてほしいという話がありました。


D62B75EE-7F3B-407D-AA8C-336BCA258D77.jpeg

【写真:澁谷監督】


私たちは沢山の方々から期待をされています。一人の人間として、あるべき姿をもう一度考え直し、同志社大学硬式野球部として、日本一になることによって恩返しをしたいと思います。

最後にはなりましたが、ご多忙の中、私たちの為に時間を割いてくださったOB・OGの方々、並びに清水哲OBと関係者様に心より御礼申し上げます。



マネージャー 川岸さくら

2017年12月27日

アトムフェスティバル2017


こんにちは。平素は当野球部のブログをご愛読いただき、誠にありがとうございます。
年の瀬も押し詰まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日は同志社大学寒梅館ハーディーホールにて行われたアトムフェスティバルに野球部全員で見に行かせていただきました。
日頃から全身全霊で野球部の応援をしてくださっている應援團の方々の晴れ舞台、そしてこれをもって引退される四回生の方々の最後の舞台を見届けることができ、その素晴らしい演技に心を動かされました。
卒團生の皆様、四年間本当にお疲れ様でした。皆様の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

40AEA4AD-8BA6-4D9C-895A-6E08F62CDDCB.jpeg
【写真:吹奏楽部のステージ】
4578961B-94D9-441C-A65F-63E90B6158F8.jpeg
【写真:指導部とチアリーダー部のステージ】

第二部の体育会ステージでは野球部を代表して、楫(1・土佐)、鎌倉(1・聖光学院)、山下樹(1・高松商)が舞台の上でチアリーダー部と一緒に演技をしました。
非常にキレのあるダンスで楽しそうに踊っていました!
48D2EE4C-A53C-4B1C-8186-AC48DDB279C8.jpeg

【写真:第二部の体育会ステージの様子】

應援團の方々は常に野球部を全力で鼓舞してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。しかし今年は勝つことで恩返しをすることが叶わず、大変悔いの残る一年となってしまいました。
来年こそは應援團の皆様に神宮球場で応援していただけるよう精進して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

そして今年も残すところあと4日となりました。皆様にとって2017年はどんな一年だったでしょうか。各々が実りのあった年であれば幸いです。
寒い日が続きますが、お体にはお気をつけてお過ごしください。
2018年度もどうぞ同志社大学硬式野球部へのご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


マネージャー 川岸さくら






2017年12月18日

年内最後の一本締め。

こんにちは。平素は、当ブログをご愛読いただき、誠にありがとうございます。一年の最後の月である12月ももう半ばに差し掛かり、冷たい木枯らしが吹く季節となりました。こたつなどの暖かさをくれるものから離れられない季節でもありますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

12月17日(日)、早いもので2017年度の練習納めの日となりました。練習納めということで、いつも自分達が使っている場所、道具などを心を込めて綺麗にするために大掃除が行われました。一年のすすをはらって、正月の神様を迎えるという大掃除の意義があるそうですが、冬の寒い時期にみんなで協力し、大掛かりで掃除することで、すすをはらい、気持ちよく新年を迎える準備ができたのではないでしょうか。

ブログ用 大掃除1.JPGのサムネイル画像
























【写真:体育ハウスを掃除する様子】


ブログ用3.JPGのサムネイル画像










































【写真:グラウンドを掃除する様子】

大掃除をした後、室内練習場にて、年内最後のミーティングが行われました。
主将の福島(3・大阪桐蔭)は、オフだからといって、羽目を外しすぎるのではなく、自分が野球部の一員であることに自覚と責任を持って過ごしてほしいということや、日本一を達成するために、オフ期間中であっても一日一度、野球部のことを何に関してでも良いので、考えてほしいと力強く述べました。

渋谷監督からは、この野球部には、自由と規律と競争でチームを動かしていってほしいというお話がありました。同志社の精神の中心は、自由であるが、その自由の中でも、部活と学業の両立をしっかりと成し遂げることで、同志社生のモラルの見本となるように規律を守り、プレー面では、切磋琢磨しあい、競争することで、人任せではなく、「俺がやる」という自覚をもち、チーム内で高め合う。これこそが、同志社大学野球部の目指すものであるので、このオフを充電期間にして心身ともに、新たな気持ちで練習始めにここにいる部員全員が元気な顔で、来られるようにしてほしいということを述べられました。
IMG_6392.JPGのサムネイル画像



















【写真:ミーティングの様子】

ミーティングの最後は、年内最後の一本締めで、一年を締めくくりました。
この一年間、いつも支えてくださる保護者の皆様をはじめとして、様々な形で当野球部を後押ししてくださるOBの方々、業者さん、温かいご声援をおくっていただいた方皆様に心より感謝申し上げます。2018年も、皆様の期待に添えられますよう精進して参りますので、変わらぬ温かいご声援の程、よろしくお願いいたします。


1回生マネージャー 辻 弥侑




Archives