TOPPAGE > ブログ
同志社大学硬式野球部ブログ

2017年8月20日

1回生OP戦デビュー!

こんにちは。本日のブログは4回生マネージャー武市が担当します!

8月も半分が過ぎ、季節の変わり目が近づいてきました。弊部のAチームは九州遠征真っ只中、京都に残っているチームも、毎日練習やOP戦に励んでいます!

今回のブログの題名でもありますが、九州遠征中のホームでのOP戦は、多くの1回生が出場しています。皆、ユニホームに袖を通すのが初めてで、何よりチームのスパイクがピッカピカ!とても初々しい気持ちになりました。少量にはなりますが、写真でOP戦の様子をお伝えしたいと思います!

こちらの写真は、試合前にトスバッティングをしている様子です。

トスバッティング.jpgのサムネイル画像

【写真中央:トスを投げる楫(1・土佐)と打つ山下(樹)(1・高松商)】

こちらは、試合中のベンチの様子です。ベンチから投手、野手に声援を送ります。

ベンチ.jpgのサムネイル画像

【写真:左から山本(颯)(1・修猷館)、森(大)(1・佐久長聖)、加藤(駿)(2・大府)、伊藤(壮)(2・同志社)、森(厚)(1・同志社)、加藤(大)(2・向陽)、小川(航)(1・桐蔭)】

こちらは、攻守交代の様子です。守備位置からダッシュで帰ってきて次の攻撃に向けて声を交わします。

鎌倉.jpgのサムネイル画像

【写真中央:装備を着けている伊藤(壮)と鎌倉(1・聖光学院)】

この写真は、5回終了時の整備の様子です。補助の人数が少ないぶん、試合メンバーが自分たちでラインを引き、水まきもします。

整備.jpgのサムネイル画像

【写真:左から本間(1・敦賀気比)、森(厚)、森(大)】

1回生が主体となったOP戦は、とても勢いを感じ、試合も見ごたえがありました。今月末(8月24~26日)には関西学生野球連盟春季新人戦を控えています。各大学の1・2回生のみで行う試合なので、普段のリーグ戦とはまた違った雰囲気を味わうことができる大会です。この新人戦で数年後の同志社を引っ張ていく選手が頭角を現すことになるかもしれないですね!新人戦が楽しみです!(春季新人戦の詳細は、トピックスに掲載してありますので、そちらをご覧ください。)

さて、秋季リーグ戦開幕まで2週間を切りました。弊部グラウンドのベンチ内では、開幕までのカウントダウンが始まりました。

IMG_5328.JPG

【写真:カウントダウンと大田(3・大分舞鶴)】

8月のOP戦もまだまだ残っていますが、まずは目の前のことに必死になっていこうと思います!

次のブログは辻が担当します!



2017年8月16日

京都トーナメント準決勝!

 こんばんは。本日のブログを担当させていただきます4回生マネージャーの片平佳奈です。

 昨日は早朝から大雨が降り、試合が雨天順延となってしまいました。昨日の試合を楽しみにしてくださっていたOB・OGの皆様、保護者様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。順延となった準決勝、京都学園大学戦が本日9時よりわかさスタジアム京都にて行われましたので、詳細をお伝えいたします。


<全京都大学野球トーナメント大会 準決勝 京都学園大学戦>

 勝ち抜けば、14時から始まる決勝へと駒を進めることができます。昨年度に続き2年連続で優勝杯を手にするべく、試合に臨みました。

ノックを打つ千葉.JPG

【写真:試合前ノックを打つ学生コーチ千葉(4・黒沢尻北)】

三塁側後攻、同志社大学の先発投手は期待のサウスポー井上(瞭)(2・同志社)。変化球を織り交ぜた巧みな投球で3回まで打者を無安打に抑えます。

先発投手の井上瞭.JPG

【写真:先発投手の井上(瞭)(2・同志社)】

3回には捕手、木下(4・大船渡)が四球で出塁した走者2人を連続で盗塁阻止してベンチを盛り上げ、5回には二死1.3塁のピンチを迎えるも凡打に抑えなんとか切り抜けます。

二塁牽制する木下.JPG

【写真:強肩でランナーを刺す木下(4・大船渡)】

センターを守る宮本くん.JPG

【写真:センターを守る宮本(4・九州学院)】

レフトの守備に付く鎌倉.JPG

【写真:レフトを守る鎌倉(1・聖光学院)】

バッテリーの踏ん張りに応えたい打者陣ですが、なかなかチャンスを掴むことが出来ず、6回までヒットが出ません。7回、一死で代打の越智(3・今治西)がライト前2塁打を放ちチャンスを作るも得点に繋がらず、9回には9番石井(涼)(3・福岡大大濠)がレフト前安打を放ち、1番磯部(3・掛川西)の犠打に失策が絡み無死1.3塁の大チャンスを迎えるもその後が続かず試合は延長戦へ。

七回裏、ライト前二塁打を放つ越智くん.JPG

写真:ライト前2塁打を放つ越智(3・今治西)】

犠打で出塁する磯部.JPG

【写真:犠打を決める磯部(3・掛川西)】

七回表から守備に就く磯部と和田.JPG

【写真:七回から守備についた磯部(右)と和田(3・同志社国際)(正面)】

大会規定により、10回以降は一死満塁から始まるタイブレークとなります。

10回からは浦野(1・大阪桐蔭)が登板し、一死満塁という状況の中、ストライク先行の堂々とした投球で打者を抑えます。しかし11回表、先頭打者に適時2塁打を放たれ2点を失い、続く打者を三振に打ち取るも、四球と2塁打で計5点を許し、最後は都築(1・志学館)が継投して何とか相手チームの攻撃を終わらせます。食らいつきたい同志社打線は11回裏、先頭中村(3・福岡大大濠)が左中間への適時二塁打で2点を返すと、7番代打清水(4・大田)が犠飛で1点を追加し、8番代打中嶋(4・沼津東)の内野安打で二死1.3塁と再びチャンスを迎えると、9番石井が適時ライト前安打で1点を追加、計4点を返します。しかし、あと1点が届かず、ゲームセット。5-4で敗戦となりました。

10回から登板した浦野.JPG

【写真:10回から登板した浦野(1・大阪桐蔭)】

11回に登板した都築.JPG

【写真:11回に継投を任された都築(1・志学館)】

11回適時二塁打を放った中村.JPG

【写真:適時二塁打を放った中村(3・福岡大大濠)】

内野安打を放った中嶋.JPG

【写真:内野安打を放つ、今大会で主将を務めた中嶋(4・沼津東)】


大会後に行われた表彰式では、先発の井上(瞭)が最優秀投手、9番サードで出場した石井(涼)が首位打者に輝き、表彰されました。

電光掲示板 井上君.JPG

【写真:表彰式の様子①】

電光掲示板 石井涼.JPG

【写真:表彰式の様子②】

賞状を受け取る井上君.JPG

【写真:表彰式の様子③】

井上君が表彰されています.JPG

【写真:最優秀投手に選ばれた井上(瞭)】

石井涼 表彰.JPG

【写真:首位打者に選ばれた石井】


本日は、早朝から行われた試合にも関わらず、多くの保護者の皆様が球場まで足を運んでくださり、温かい声援を送ってくださりました。部員一同を代表して感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。多くの方に支えられ、無事に京都トーナメントを終えることが出来ました。

毎年、6月にファーストステージ、8月にファイナルステージが行われる本大会ですが、特に4回生にとっては非常に思い入れのある大会です。普段リーグ戦に出場している選手がスタンドで応援し、普段スタンドから声を出して鼓舞している選手たちがベンチ入りという、9月から始まるリーグ戦とは少し異なった環境での試合になります。この試合で公式戦での出場が最後になる4回生も多く、彼らの4年間を彷彿とさせるようなハツラツとしたプレーが見受けられました。

リーグ戦に出場する選手にとっても、普段自分たちに声援を送ってくれる同期の活躍は嬉しいものであり、勝利こそできなかったものの、背中を押すような形で秋季リーグ戦へと進んでいける試合になったように思います。

四回生集合写真.JPG

【写真:4回生一部集合写真】

8月のオープン戦は半分以上残されておりますが、時はあっという間に過ぎるもので、秋季リーグ戦開幕までも半月ほどとなりました。それぞれに残された時間を大切に、神宮大会出場に向けて精進して参ります。

私達マネージャー陣も、選手に負けじと元気な姿で、チームを支えていきたいと思っておりますので、どうか皆様、お時間の許されます際には、各球場まで足をお運びいただき、変わらぬご声援を賜れますと幸いです。

本日はお忙しい中、沢山のご声援をいただき、誠にありがとうございました。

次回のブログは、武市が担当いたします。


4回生マネージャー  片平佳奈


2017年8月14日

京都トーナメントファイナルステージ!

こんばんは。

本日のブログを担当します、2回生マネージャーの松川桃子です。

本日から、全京都大学野球トーナメント大会のファイナルステージがわかさスタジアム京都にて開始されました。同志社は昨年優勝したため、予選には出場せず、ファイナルステージからの参加となります。連日の猛暑とは変わり、曇り空の下、試合が行われました!


<準々決勝 対京都外国語大学>


この試合、先発マウンドを任されたのは、昨年最優秀投手に輝いた渡邉(4・川越東)。初回からテンポの良いピッチングで、相手打線に一つもヒットを与えず、6回まで打者18人を三者凡退に押さえる完全投球が続きます。

一方同志社の攻撃は、1回裏、四球で新家(4・東山)が出塁し、盗塁で塁を進め、一死2塁から竹内(3・栃木)の適時二塁打により、1点を先制します。

4回裏、木下(4・大船渡)と山内(1・今治西)の連打、宮本(4・九州学院)の犠打により二死2・3塁とし、石井(3・福岡大大濠)の適時三塁打で2点を追加します。続く打者、新家のライト前への適時打により、さらに1点を追加し、この回3点を挙げリードを広げます。

5回裏、木下のレフト前への安打と山内の適時二塁打により、さらに1点を追加します。

IMG_8750.JPG

【写真:ハイタッチをする木下(4・大船渡)】


6回裏、新家がレフト前へ安打を放ち、この試合3度目の盗塁を決め、相手バッテリーを揺さぶります。続く竹内が死球で出塁し、二死1・2塁より大谷(司)(3・龍谷大平安)がセンター前への適時打を放ち、2点を追加、7対0とします。

IMG_8754.JPG

【写真:3つの盗塁を決めた新家(4・東山)】


完全試合への期待が高まる中始まった7回表、ゴロと三振で二者を打ち取ったが、あと一人のところで内野安打を打たれてしまいました。しかし、続く打者を内野フライで抑え、7回コールドで試合終了。先発渡邉は見事無失点の完投を見せました

IMG_8752.JPG

【写真:完投を見せた渡邉(4・川越東)】


明日の準決勝は、対京都学園大学、9時試合開始予定となっております。今日の勢いで、準決勝、決勝と2連勝し、優勝を掴み取ってほしいです!


明日のブログは4回生マネージャーの片平佳奈が担当致します。


2017年8月10日

連戦スタート!

こんばんは。

今日のブログを担当します、4回生マネージャー武市侑子です。

本日の天気予報では、曇りのち雨のはずでしたが、雲ひとつない青空がグラウンドの上に広がっていました。涼しい夕方になるのが待ち遠しい限りですね、、、。

さて、本日から13・14日の京都トーナメントを含めて、12連戦が始まりました。毎年8月はOP戦が立て続けに行われますが、12連戦は大学に入学してから初めての様な気がします。長い夏休みが一瞬で過ぎ去っていくのは、好きなことに熱中できている証拠だと思っています!

今日のブログでは、OP戦をホーム(同志社大学のグラウンド)で行うときの、裏方の役割を紹介したいと思います!


2塁審.JPG

【写真:二塁審判を務める山本(颯)(1・修猷館)】

sbo.JPGのサムネイル画像

【写真:一列目手前、SBOを担当する山内(1・今治西)、二列目手前からスピードガンで球速を測る櫛間(1・八幡商)とビデオを撮る山下(樹)(1・高松商)】

tokutennbann.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

【写真:得点板の点数を変える本間(1・敦賀気比)】

bb.JPGのサムネイル画像

【写真:試合球の管理をするボールボーイの山下(裕)(写真左、1・寝屋川)と津江(写真右、1・高津)】

裏方の役割は他にもたくさんあります。試合を運営することはとても大変ですが、毎年、8月のOP戦を乗り切ると1回生が逞しくなっているので、今年もそうなることを期待したいです!

最後に、『今日の一枚』を紹介します!グラウンド横にある坂をダッシュしている写真です。真ん中の清水(4・大田)がとても楽しそうに見えますね!

坂ダッシュ.JPGのサムネイル画像

【写真:坂ダッシュをする右から中嶋(将)(4・沼津東)、清水、中谷(4・甲南)】


次のブログは2回生マネージャー松川桃子が担当します!

2017年8月 5日

暑さを乗り越えるには、、、!

こんにちは。

毎日毎日、本当に暑い日が続いています。連日の30度を超える気温と灼熱の太陽により、立っているだけでも大量の汗が出ていきます。着替えが何枚あっても足りません!

さて、本日はオープン戦の予定もなく、朝から練習に励んでおります。

辻宮﨑.JPG

【写真:トスバッティングの様子】

IMG_5212.JPG

【写真:ランする小川(晃)(写真左、1・龍谷大平安)と一緒に走るトレーナー坂本(写真右、3・同志社女子)】

「夏を乗り越える秘訣とは?」と聞いてみると、様々な答えが返ってきました。よく寝る・よく食べる・暑さに慣れる・塩分をとるなどなど、、、。「根気」と答える部員もいましたが、やはり夏の最大の敵は『暑さ』だと思います。特に多かった秘訣は、「納豆、オクラなどのネバネバした物を食べる」でした!調べてみるとネバネバの成分は、消化吸収の促進、夏バテで弱った胃や腸の粘膜の強化などの効果があるそうです。食事にも気を遣いながら、夏の暑さ、乗り切りたいと思います。

皆さんは、夏の暑さ、どのように乗り越えますか?


マネージャー武市侑子





2017年8月 1日

今日から8月!

こんにちは。

暦の上では、はや8月に突入しました。グラウンドでは夏の風物詩、蝉が毎日元気よく鳴いています。

突然ですが、本日、8月1日は、弊部が所属している関西学生野球連盟・秋季リーグ戦の日程解禁日です!弊部ホームページのトピックスに詳細を掲示してありますので、是非ご覧ください!また、8月24日~26日に行われる前季新人戦の詳細も掲載しております! 

同志社大学硬式野球部 トピックスはコチラ≫

関西学生野球連盟のHPはコチラ≫

IMG_5159.JPG

【写真:春季リーグ戦第8節・同立戦の様子】


9月2日より秋季リーグ戦が始まります。秋季リーグ戦は4回生と一緒に向かえる最期のリーグ戦です。4回生のほとんどは、今までの人生の半分以上を占めていると言っても過言ではない"野球"の最後の試合になります。3回生もまた、就職活動を控えそれぞれの道に進む前の、全員揃って臨む最後のリーグ戦となります。2回生・1回生は、まだまだ続く大学野球生活で行うリーグ戦にすぎません。

学年や選手一人ひとりによって、秋季リーグ戦にかける想いはそれぞれですが、チームとして全員で最高の結果が残せるように、夏休みのOP戦や日々の練習に向き合っていこうと思います。

写真は、本日の練習風景です。

IMG_5160.JPG

【写真:室内練習場にて投球練習を行う森(諭)(2・花園)】

IMG_5161.JPG

【写真:ノックを受ける山下(1・高松商)】

IMG_5162.JPG

【写真:外野ノックを打つ山名(4・同志社)】


この夏休みは、普段の練習の雰囲気や、選手の素顔、同志社大学硬式野球部のことをもっと知っていただくために、皆様にとって身近な存在となれるように、弊部のSNS(TwitterやFacebook)やブログの更新に力を入れていきます!

Twitterアカウント名:同志社大学硬式野球部 @doshishabbc

Facebookアカウント名:同志社大学硬式野球部 @doshisha.bbc

是非、フォローの方、よろしくお願いします!

また、ホームページ内のフォトギャラリーでも、練習の様子を更新して参りますので、是非ご覧ください。


マネージャー武市侑子


2017年7月28日

期末試験開始!

んばんは。

先日の梅雨明けから、暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

選手たちは、毎日ジメジメとした気候の中、暑さに負けず練習に励んでおります!

7月も終わりに差し掛かり、本日から期末試験期間に入ります。すでに期末試験を終えている者は長い長い夏休みが始まります。まだ試験が終わっていない者もおりますが、部活と勉強の両立を成し遂げたいと思います。

IMG_5127.JPG

【写真:トスバッティングをする橘髙(写真左、1・同志社国際)と栗林(写真右、1・大阪桐蔭)】

IMG_5126.JPG

【写真:トレーニングの様子】

IMG_5125.JPG

【写真:グラウンド整備の様子】

夏休みと言えば、夏の甲子園、全国高校野球選手権大会がありますね。弊部に所属している部員たちの中には、甲子園に出場した選手もいれば、地方大会で涙を流した選手もいます。毎年この季節になると当時の気持ちを思い出すこともあるのではないでしょうか。母校の甲子園出場はOBとして大変嬉しいことですが、現役高校球児に負けないように夏のOP戦・日々の練習に精進して参ります。


マネージャ―武市侑子


2017年6月28日

5リーグ対抗戦

こんにちは。
梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、6月23日(金)から25日(日)にかけて第24回大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦が行われました。弊部からは山岸大起(4・天理)、平山拓磨(4・鳥取城北)、福原健太(3・今治西)、前田涼太(3・福知山成美)が選出されました。


IMG_5214.JPG
【写真:前田】

IMG_5213.JPG
【写真:平山】

IMG_5217.JPG
【写真:山岸】

IMG_5216.JPG
【写真:福原】


関西学生野球連盟は不戦勝により、二日目からの試合となりました。
24日(土)は阪神大学野球連盟に8-5で勝利し、25日(日)の決勝は京滋大学野球連盟に12-2(大会規定により8回コールド)で見事勝利を収めました。
関西学生野球連盟は2年ぶり9度目の優勝を果たしました。これにより秋の神宮大会予選のスーパーシード権を獲得しました。
この好機を活かせる様、来季こそは必ずリーグ優勝し、神宮大会へ出場したいと思います。


IMG_5215.JPG
【写真:閉会式の様子】


7月1日から10日までオフ期間となります。しっかりと心と身体をリフレッシュして夏に備えていきたいと思います。



マネージャー 川岸さくら




2017年5月30日

平成29年度春季リーグ戦閉幕

こんばんは。

昨日をもちまして、平成29年度春季リーグ戦の全日程が終了いたしました。まず、5月27日(土)から29日(月)にかけて行われました、同立戦を振り返りたいと思います。


<5月27日 第8節 立命館大学戦 一回戦>

伝統の一戦、まず先発のマウンドを任されたのはエースの福島(3・大阪桐蔭)。

IMG_4468.JPG

【写真:エースの福島】

初回、相手の失策により先頭の辻(3・履正社)が出塁し、二番四川(1・履正社)の送りバントで塁を進め、続く三番平山(4・鳥取城北)がレフト前へ適時打を放ち、立命館大学のエース東から一点を先制します。一方、福島は毎回奪三振の好投で、6回まで同志社が優勢の状態が続きます。しかし7回表、六番打者に安打で出塁を許すと、八番打者の適時三塁打によって同点に追いつかれてしまいます。その後、流れを掴まれた同志社は8回表、失策や四死球が重なり、満塁とされ、相手の連続適時打によりこの回一挙四点を奪われます。9回にマウンドを任された仲野(1・天理)はテンポ良いピッチングを見せるものの、二死1・3塁から適時打を浴び、さらに一点を許してしまいます。その裏、反撃開始とはならず、1-6で試合終了。伝統の一戦は黒星スタートとなりました。

IMG_4467.JPG

【写真:應援團チアリーダー部による演舞】


<5月28日 第8節 立命館大学戦 二回戦>

この日マウンドに登板したのは、今季二戦目の先発が定着した渡邉(4・川越東)。

IMG_4471.JPG

【写真:先発マウンドを任された渡邉】

1回表、一番の辻が内野安打で出塁すると、相手の守備の乱れなどにより先制をする。その後、四番前田(3・福知山成美)と七番山岸(4・天理)が適時打を放ち、初回に四点のリードを奪います。3回裏、立命大の攻撃、二番打者のライト前への安打を皮切りに、二塁打を含む連続安打を浴び、この回一挙四点を許し、同点に追いつかれてしまいます。しかし、すぐに反撃を開始します。4回表、先頭の山岸がレフト前への好安打で塁に出ると、盗塁で進塁し、相手バッテリーが乱れる間に帰塁し一点を追加します。さらに、一死3塁から平山が犠牲フライを放ち、さらに得点を重ねます。七回表、またも山岸のレフト前への適時打により、一点を追加し、相手を突き放します。その裏、立命打線につかまり、二点を奪われますが、同点とはさせません。一点ビハインドのまま迎えた9回裏、最後はエースの福島が三者連続三振でしめくくり、今季3勝目を挙げました。

IMG_4470.JPG

【写真:この日二打点を挙げた山岸】

IMG_4469.JPG

【写真:応援席の様子】


<5月29日 第8節 立命館大学戦 三回戦>

春季リーグ戦最終戦、なんとしても白星で挙げるべく、先発マウンドに立ったのは、リーグ戦初先発の難波(2・PL学園)。

IMG_4465.JPG

【写真:リーグ戦初先発を任された難波】

初回からテンポ良いピッチングを魅せますが、2回表、先頭打者に安打を許すと、八番打者にレフト越えの適時二塁打を浴び、一点を先制されてしまいます。

その後、両投手が好投を魅せ、1点差のまま、試合は終盤に差し掛かります。7回裏、四番前田のレフトへの二塁打により反撃の皮切りとなるかと思われましたが、打線が続かず、8回裏にも相手のボークや野手選択により三塁を踏むものの、攻撃の歯車がうまく嚙み合わず、チャンスをものにすることができません。迎えた最終回、二番四川が同立戦初安打となる、レフトとセンター間へ痛烈な安打を放ち、二塁まで進みます。続く平山のレフト前安打により一気にサヨナラのチャンスが広がります。しかし、最後は併殺に打ち取られ、試合終了。ホームが遠く感じた、一点に泣く試合となりました。

宿敵立命に惨敗を喫し、勝ち点を挙げることはできませんでした。

試合後、そのまま閉会式が行われました。

ベストナインは、弊部からは外野手として、前田(3・福知山成美)が選出されました。今季は途中から四番が定着し、打率は0.378とチームに大きく貢献しました。

IMG_4466.JPG

【ベストナインを受賞した前田】

終わってみれば、勝ち点1、3勝8敗で5位という結果で今季のリーグ戦は幕を閉じることとなりました。この結果を重く受け止め、来季こそは必ず優勝できるよう、気持ちを切り替えて、部員一同全力で取り組んで参ります。どうか変わらぬご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。



マネージャー 川岸さくら

2017年5月26日

明日から伝統の一戦!


こんばんは。昼間は少し汗ばむような気候ですが、陽が沈むと一転、肌寒く、過ごしにくい日々が続いております。
さて、明日からいよいよ春季リーグ戦最終節、同立戦が行われます。悔しくも昨年のように優勝決定戦とはなりませんでしたが、伝統の一戦、互いのプライドを懸けた戦いが繰り広げられます。沢山の応援してくださる方々のためにも、最後に同志社の意地を見せ、なんとしても勝ちを掴み取らなければなりません。

.camtemp.jpg


第8節 対立命館大学

1回戦 5月27日(土) 13:00@わかさスタジアム京都
2回戦 5月28日(日) 13:00@わかさスタジアム京都
*3回戦 5月29日(月) 17:00@わかさスタジアム京都


・硬式野球部員のご家族、ご友人
・同大、同女大生(要学生証)
・硬式野球部OB
・京田辺市民サポーター
・無料引換券をお持ちの方

以上の方々は、試合開始1時間30分前から、球場一塁側の同志社チケットブースにてチケットをお買い求めいただけます!


皆様お誘いあわせの上、ぜひ球場へ足を運んでいただければと思います。
温かいご声援の程、宜しくお願いいたします。


マネージャー 川岸さくら

Archives