TOPPAGE > 受験生へ > 選手の声
入試について
選手の声
OB紹介
卒業生進路先
入部Q&A

7:00 起床
9:00~17:00 学校
19:00~23:00 塾
25:00 就寝

毎日朝から晩まで塾に通っていました。学校でバスケをするなどたまに息抜きもしていました。
授業をしっかり受けて部活優先の生活をしていました。
学校で友達とバスケなどのスポーツをしたり、土日にバッティングセンターに行ったりしていました。
引退した直後に受けた模試の結果が悪かったので、これではまずいと思い、勉強を始めました。
私はまず基礎をつけるために、英語であれば単語、数学であれば教科書の基礎問題を繰り返し勉強しました。 国語は、文章を読んで接続語が何を指しているのか理解しながら読む事を心がけていました。基礎がついてきたら実際に過去問をやることです。それによって問題の傾向が分かってくるので過去問を何回も何回も解いてください。試解会場にはこれだけやったのだという自信を持って行くだけです。その自信がつくまでコツコツと諦めずに頑張ってください!

7:00 起床
9:00~20:00 学校
20:00~22:00 休憩
22:00~24:00 家で勉強
24:00 就寝

学校の自習室でひたすら暗記と苦手克服の勉強をしていました。特に、英単語などの基礎を徹底的に反復して、土台を作ることに集中しました。殆ど遊ばず、勉強に没頭していました。
朝練などもあり、とても忙しく、授業中に寝てしまうこともありましたが、私の場合、眠たくない時は必死に授業を聞いて120%理解するように努めました。そして、テスト期間に全ての遅れを取り返すつもりで、勉強を追い込みました。
勉強して、集中が切れてきたと思ったら走りに行っていました。また、土日など1日家にいる時などは、友達とキャッチボールをしていたが、運動は勉強の休憩という感覚ぐらいで、勉強に重きを置いていました。
引退した8月からです。
英語など特に中途半端な力では到底解けることは出来ないほど難易度が高い問題です。しかし、手が届かないほどの難易度ではないので、努力すれば皆、解けます。頑張ってください。

7:00 起床
8:30~16:00 学校
16:00~23:00 塾
24:00 自由時間
25:00 就寝

大学野球の練習などのため少し練習をしていましたが、基本家では勉強できない性格なので塾、学校の自習室で勉強しました。夏休みは暗記を中心に基礎を固めることを重点的にしました。
勉強も野球も自分1人では少し甘えてしまうところがあるので、意識の高い環境にいることで、自分もやらなければという意識をもってやっていました。やる時はやる、やらない時はなにもやらない、というメリハリをしっかりつけることで上手くいきました。
受験期間はほとんど野球はせず、昼休みなどに思いっきり遊んでいました。
引退して落ち着いてからです。
英語は長文が長く、和訳と英訳があるので長い文を時間内に読み慣れることが大事だと思います。社会や英単語はとても細かい箇所まで覚えました。出遅れたりしても最後まで諦めずにやりきれば必ずできるので自信をもって試験に臨んでほしいです。