TOPPAGE > ブログ
前期チャレンジリーグ最終戦、見事白星で締めくくった! - 同志社大学硬式野球部ブログ

2019年6月28日

前期チャレンジリーグ最終戦、見事白星で締めくくった!

こんにちは。
いよいよ近畿地方も梅雨入りし、蒸し暑い日が続いております。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

6月28日(金)、2019年度前期チャレンジリーグ最終戦となる、関西大学戦が豊中ローズ球場にて行われました。台風が発生したこともあり、一時は延期になるかとも思われましたが、何とか天気が持ちこたえ、無事試合を行うことが出来ました。

8B778E32-726C-47DC-A900-3F073229C7B1.jpeg

【写真:試合前の集合の様子】

初回、先頭打者の河内(2・星稜)がレフト前ヒットを放つと、続く久保田(穂)(2・熊谷)が犠打を決め、一死2塁とチャンスを作ります。二塁走者の河内は、続く川島(2・掛川西)の内野ゴロの間に進塁し、相手投手の暴投の間にホームへ帰還。先制に成功します!

二回表、二死から八番打者の本荘(2・倉吉東)が右中間を破る二塁打を放ち、二死2塁と追加点へのチャンスを広げると、続く福島(2・大社)のライト前タイムリーヒットにより、一点を追加します。

五回裏、ここまで無失点と好投を魅せていた先発投手の井上(大)(2・大阪桐蔭)でしたが、先頭打者にセンター前ヒットを許し、パスボールにより進塁、続く打者に四球を与え無死1・2塁とピンチを背負います。ここでマウンドを栗田(2・済美)に託しますが、四番打者に内野安打を許し、六番打者に四球を与え、押し出しにより一失点。それでも、続く打者をレフトフライに打ち取り、最小失点に抑えます。

C6324AEF-0E8C-4EF1-A844-FAC342E3DD2A.jpeg

【写真:バッテリーを組んだ投手、井上(大)と捕手、城下(2・天理)】

追加点が欲しい同志社は七回表、八番打者の本荘からレフト方向に綺麗な放物線を描く本塁打が飛び出し、一得点。

B16F7232-092B-47F6-A2D0-B1E20416CBBC.jpeg

【写真:公式戦初ホームランを放った本荘】

「チームで次の一点をどちらが取るかが重要だと話しており、何とか上位打線に勢いづく形で繋げようと思って打席に入った。やっと自分らしい打撃ができた安心感と、素直にホームランを打てたことが嬉しい」そう語ってくれた本荘の一打により、ベンチが一気に盛り上がります。リードオフマンの河内がレフト前ヒットを放つと、得意の足を活かして盗塁を決め、二死2塁。続く久保田(穂)(2・熊谷)がライト前タイムリーヒットを放ち、二塁走者の河内が一気にホームイン!追加点を挙げ、四対一とリードを広げます。

F4E11C61-4FA3-4D93-ACFA-C4E7968F5B97.jpeg

【写真:リードオフマンの河内】

投げては、六回から遠藤(2・徳島城南)が登板し、内野安打と味方の失策により無死1、2塁とピンチを招きますが、その後の打者を三振にしとめ、安藤(2・石見智翠館)に継投します。七回裏、味方の失策により出塁を許すと、死球と犠打により、一死2・3塁とピンチを背負います。暴投の間にランナーがホームに還り、一失点。二点差まで詰め寄られます。
持ち前の安定感のあるピッチングで、見事に持ち直し、八回以降の追加点を許さず、四対二のまま、白星を飾りました。

50FF60A8-C7AB-4DA5-A804-A8F0C034592F.jpeg

【写真:見事な投球で試合を締めくくった安藤】

巧みな継投策とチャンスで繋ぐ打線で掴み取った勝利、これにより同志社は3勝2敗、勝点6、同率2位という結果で前期チャレンジリーグの幕を閉じました。目標としていた優勝へは届きませんでしたが、その結果以上に実りあるチャレンジリーグになったのではないかと思います。これからまた次の目標に向かって、地道な努力の日々が続きますが、今の気持ちを忘れることなく、引退のその日まで奮闘し続けて欲しいです。


39A91DD4-435D-4833-923B-2E67E38EB502.jpeg

【写真:集合写真】

いつも部員を支え、見守って下さる保護者の皆様方をはじめ、球場まで足を運び応援して下さった皆様、日頃から温かいご声援を送って下さる皆様に心から御礼申し上げます。引き続き変わらぬ、温かいご声援の程、よろしくお願い致します。


マネージャー   冨田真結








コメントする